歯の矯正は大人でも可能?

歯列矯正で行う治療法


歯列矯正は大人になっても行うことができます。子供の場合歯と骨格が成長途中にあるため、歯が入りきらないことで起こっている歯並びの悪さや、顎の位置のずれによる咬み合わせの悪さは、骨格矯正を行うことで矯正することができるのに対して、大人の場合は骨格の位置の矯正はできるものの成長を促すような矯正を行うことはできません。 そこで、音の名の歯列矯正においては、歯が入りきらないことで起こる歯並びの悪さに対して、軽度な場合には歯のエナメル質を削って隙間を作ったり、重度な場合には抜歯して隙間を作ったりします。その後、子供の場合と同様に矯正器具を装着し、徐々に歯を動かしながら歯の位置を矯正していきます。矯正器具は、上顎の前歯だけの矯正でしたら、歯の裏側に装着することもできます。また、無色や白色の矯正器具も開発されているため、過去に比べると目立つことなく治療を行うことができるようになっています。顎が大きすぎる場合については、顎を削るなど外科的な治療を行う場合もあります。




歯列矯正後のケアも大切


歯列矯正の治療が終了し、矯正器具を取った後、リテーナーという歯の位置が固定されるまで保持する装置を装着します。リテーナーは、1年装着すると、その後はつけっぱなしにする必要は無くなり、徐々に外す時間を長くすることができるようになります。 ある程度歯の位置が固まった後も、リテーナーを夜寝ている時間等に装着している方と、全く装着しない方と比べた臨床データがあり、治療から10年を超えた辺りから、歯並びに差が出てきます。歯並びは、治療後においても、歯ぎしりや無意識のうちに行っている悪い癖(舌で歯を押す等)によって変わっていってしまいます。そのため長い年月をかけてまた歯並びが悪くなってしまうケースがあるのです。定期的にリテーナーを装着している方は、歯が抜ける年齢になるまで歯並びを維持することができるという結果となっており、より長く美しい歯並びを維持したいとお考えの方は、治療後のケアにも気を使うことが大切です。