歯の矯正にかかる期間はどれくらい?

大人の矯正にかかる期間


歯の矯正にかかる期間は、歯の成長途中の子供に比べ大人の方が長い傾向にあります。一方で、子供は最終的に成長が終わる時を見越した治療が必要なのに対して、大人はその時の状況に応じた治療が行えます。 大人の歯の矯正にかかる期間は、症状や治療方法に応じて1年から3年程度かかりますが、1年半から2年半程度の方が多いです。いくつかの事例の目安をあげると、出っ歯になってしまった方の矯正で奥歯を抜歯し、前歯に矯正器具をはめて徐々に出っ歯を内側に入れていく方法を取った場合には、2年程度の矯正期間がかかります。上下の前歯が出っ張ってしまっているケースで、上下の奥歯を抜歯し、矯正器具をはめて、上下の咬み合わせの矯正も行う方法を取った場合には、2年半程度の矯正期間がかかります。短い期間のケースですと、前歯数本が少し前に出てしまった場合では、一部の歯のエナメル質を削り隙間を造り数本の歯に矯正器具を付け矯正することで1年3ヶ月程度で治療が終了しています。このように症状や個人差で様々なので、治療に入る前に医師と治療期間についても相談すると良いです。




子供の矯正にかかる期間


前述の通り、子供の歯は成長途中にあるため、矯正器具を付けると歯も移動しやすくなっています。そのため1回の矯正期間は短く済みます。一方で、歯の生え変わりがあるため、歯が生え変わる前と生え変わった後で治療の方向性が異なることも知っておくと良いです。 歯が生え変わる前は、歯が生え変わった後で十分に歯の入る余裕を作ったり咬み合わせの矯正するために、歯というよりは骨格の矯正を行います。たとえば受け口の治療でしたらフェイシャルマスクをつけて上顎を前に出すように矯正したり、歯の隙間が足りない場合は、口の中に拡大装置を装着して顎の幅を広げたりします。これらの治療期間は個人差はありますが1年程度が目安となります。 一方、歯が生え変わった後では歯並びも含めた矯正を行っていきます。たとえば出っ歯の方で拡大装置による顎骨拡大が終了している場合、矯正装置を装着し12か月程度で治療は終了します。また、前歯数本が出ている程度の歯並びのみの矯正であれば10か月程度で治療は終了します。大人の場合もそうですが、子供の場合は特に成長が止まるまでに再度歯並びが悪くなる場合があるので治療後、定期的に経過観察を行うことも大切です。