歯の矯正に必要な費用は?

歯列矯正を行う前のプロセスと費用


歯並びが悪かったり、咬み合わせが悪い場合に行う治療が歯列矯正になります。比較的長い期間の治療となりますので、歯列矯正治療は、計画の立案段階・歯列矯正治療段階・治療後のメインテナンスといった3つの段階で進めていきます。 計画立案段階における、プロセスと費用の目安ですが、まず初診時に矯正治療の要否を確認するための診断が行われます。主に、口内の確認と、患者とのカウンセリングになります。回数は1回で費用は診断の程度によりますが0円から5千円程度となります。次に治療計画を立てるための精密検査が行われます。X線写真を撮ったり、MR撮影を行う等の方法で歯列の状況の確認を行います。こちらも回数は1回程度で2万円から6万円程度の費用が掛かります。最後に、医師が治療計画をたて患者に治療にかかる期間と費用について説明し、合意の上で治療の方針を定めます。この計画立案と診断・相談に1万円から5万円程度の費用が掛かります。よって、計画立案段階で3万円から12万円程度の費用がかかります。




治療中・治療後のプロセスと費用


歯列矯正治療は、顎の位置を矯正する器具(フェイシャルマスクや拡大装置)や歯列の位置を矯正する器具(ブラケット等)を装着し徐々に歯の位置を動かしていく方法が一般的です。大人の場合で歯が入る隙間がない場合には抜歯の治療等も行われます。このためにかかる費用は60万円から100万円程度になります(外科的治療が入った場合は外科治療費が加わります)。また、これらの器具は、歯の移動の状況の応じて少しづつ調整をしていきます。ま顎間ゴム(矯正器具同士にはめて歯全体の位置を動かしたりするゴム)を利用している場合は交換も必要なため定期的に診療を受けます。1回につき千円から1万円程度の診療費用が掛かります。そのため、治療期間が長いほど金額がかかる傾向にあります。 治療が終了した後は、リテーナーという歯の保定装置を装着します。このための費用が1万円から6万円程度となります。また、その後経過観察を行うため数年は定期的に診療しますが、その費用は2千円から1万円程度になります。 治療中・治療後の費用は、治療期間によって金額が変わります。大人の矯正で最も多い金額帯は70万円から120万円程度になります。